やっぱり生ギター

アクセスカウンタ

zoom RSS Pre War Martin

<<   作成日時 : 2015/11/15 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

Pre War MartinのD-45とD-28が売りに出されている。
この頃はシトカスプルースみたいに
目の詰まったアディロンスプルースがあったんだな。

うーん、ロト6でも当たれば買うかな・・・

D-28 1938

画像


D-45 1940

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
しばしばさん、これも丸に橘さん紹介のものもロト当たらないと無理ですね(T.T)
でも、弾けるかなぁ。コンなんて当てた日には・・・(@_@)
本当アデロンダック・スプルースはわからないですね。目が詰まってるのか空いているのか。
もう良材のアデロンは枯渇していて、今伐採されているアデロンはまだ若いんでしょうかね?
レッドスプルースがアデロンを含むのか違うのか、今でもわかりません(T.T)
がめラ
2015/11/15 23:02
がめラさん
いつもコメントありがとうございます。

今まで見た昔のマーチンのアディロンは木目が細かいか
内側は細かくて外側にいくほど広くなっていました。
今の量産のマーチンでは不可能ですね、個人ルシアーか小規模のメーカーか・・・
まあその音が好きならなんでもいいと思いますが。

まあ人それぞれ考え方が
しばしば
2015/11/15 23:22
「28」は、偶然、同じブツを取り上げましたね。(笑)
Martin D-28(1962)を探していると、こういうのにも出会ってしまいます。
「45」も凄いですね。チェックしていませんでした。今見ましたところ、これまた家1軒分ですね。
どのような方が持っていたのか。なぜ手放すのか。どんな人が買うのか。。。
興味は尽きません。
丸に橘
URL
2015/11/16 06:55
丸に橘さん
いつもコメントありがとうございます。

同じブツでしたね。
この45はマシな方ですが30年代でオリジナルなら3000コースでしょうね。
丸に橘さんが買ったら飛行機乗ってお伺いします。。。
しばしば
2015/11/16 12:33
こんばんは〜、もう完全に余裕を失っているziziです

すんごいギターもあるもんですけど
ココまで高額になると、現実感が無くてかえって良いかもしれませんね
先日はジョンのJ-160Eが3億円で落札されたそうですが
私なんかとは全く接点のない世界が存在するのですね
そう考えるとン千万のギターもどこかに買い手がいらっしゃるのでしょうね
そんな世界とは異次元の話しですが
私は先日1953のD-18を弾かせてもらって
ショ^ゲキを受けております(笑)
zizi
2015/11/16 22:53
ziziさん
こんばんはーー。

ジョンのはギターじゃなくてジョンの価値ですからねー。
1953のD-18ですか・・・その年代だととび抜けて恐ろしいD-18がありますよね。
1953ならアディロンかもしれませんね。
マホの枯れたいいものはハカと同等だと思っています。
しばしば
2015/11/16 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Pre War Martin やっぱり生ギター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる